営業部

R・S

見た目は大人、心は子供

入社しようと思えた理由

"専門性の高い広告提案"

もともと広告代理店に入社したいという希望がありましたが、その中でも数多くの広告媒体を使っているエスリアンに入社を決めました。一つの媒体にこだわらず色々な媒体での提案ができることに魅力を感じました。 さらに士業という滅多に関わる事のできない業種の方を対象として、専門性の高い広告の提案をしているところに興味をひかれました。 また就活の軸の一つとして「人に感謝される仕事がしたい」という希望があり、その精神がエスリアンにはあったためここで働いてお客様に感謝されるような仕事をしたいという気持ちで入社を決めました。

佐藤インタビュー1

現在している仕事内容

現在は各事務所様のニーズに沿って、チラシを使ったものからWEB広告に至るまで幅広く様々な内容で広告提案を行っています。事務所様の課題解決に向けて、定期的に先生方と連絡を取って状況を確認したり、他の事務所様の集客方法についての共有を行っています。 事務所様へ費用対効果の高い広告をご提案できるよう、先輩方に広告に関する情報を聞いたり相談しながら事務所様へのご提案に向けての準備を進めています。

1番嬉しかったエピソード

"初めて集客の相談を受けた"

私が担当している先生から集客に関するご相談を受けたことです。今までのやりとりからエスリアンを信頼していただけて、集客に関するご相談を受けられたことはとても嬉しかったです。 広告代理店として広告提案を行うことは当然だとは思いますが、数ある広告代理店の中からエスリアンを選んで集客を任せていただけるのは仕事としてとてもやりがいを感じられました。 先生方に喜んでもらえるようなご提案ができるように頑張ろうと思えました。

入社してから「成長できた」と思えること

"士業への知識"

士業への知識が深まったことです。入社した当初は士業へのイメージはざっくりとしていて、どの士業がどんな業務を行っているのかは全く理解できていませんでした。最近では、士業の先生がやっている業務内容について理解ができるようになったため、訪問の際も先生とスムーズな会話ができるようになりました。 最初は先生との会話の中で深い話ができませんでしたが、仕事をしている中でいろんな知識が増えて先生とも業務に関する深い話ができるようになりました。

佐藤インタビュー2

就職活動のアドバイス

"軸を大事に"

ご自身で考えている就活の軸を大事にしてほしいと思います。軸がしっかりしていればどんな会社に入社したとしても活躍できると思います。 会社はそれぞれに特徴や雰囲気があるので、ここだと思ったところへの入社を決めてほしいです。

今後の目標

"士業を身近な存在へ"

今後は士業がもっと身近な存在として、今以上にユーザーの目に触れられるようにしていくことが目標です。 士業はまだまだ敷居の高さを感じられたり固いイメージが強いところがあり、士業を必要とするべき人が士業に頼れていないことも多々あるかと思います。 士業とユーザーがWINーWINな関係になれるよう今後もサポートしていきます。

佐藤インタビュー3

R・Sさんのとある1日の
スケジュール

  • スケジュール・メール確認

    一日のスケジュールやメールの確認を行います。

  • 朝礼

    毎日営業部で朝礼を行います。数字の確認を行ったり連絡事項等を確認し業務に取り掛かります。

  • 営業電話

    営業部全員で営業電話を行います。新規の事務所様にアプローチをします。

  • 提案書作成

    どんな方法での集客が効果的かを考えながら事務所様への提案資料を作成します。

  • 昼食

    休憩室で先輩方や部署の違う方たちとランチをしながら、いろんなお話をしています。

  • 相談会の提案書作成

    主力商品のひとつの「無料相談会」の開催に向けて、会場調査やチラシ作成依頼などの業務を行います。

  • 会議

    進んでいる案件について先輩たちと進捗の確認をしたり、今後について話し合います。

  • 移動

    既存の事務所様への提案を進めるために訪問に向います。

  • 事務所様へ訪問

    先生の要望をもとに集客をどう進めていくかの打ち合わせをします。

  • 移動

    今回の訪問について振り返りながら帰社します。

  • 事務所様対応

    訪問した事務所様に、訪問のお礼のメールを送り今後の進め方について確認します。

  • 明日のスケジュール確認

    明日するべきことを確認してスケジュールを組みます。

  • 業務の整理、退社

    今何を進めているかを整理して、案件の進捗具合を確認し、退社します。

志に共感していただけるあなたへ
是非、エスリアンで共に働きませんか

エントリーはこちら